革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明(革新脳)

霊長類(マーモセット)の高次脳機能を担う神経回路の全容をニューロンレベルで解明することにより、ヒトの精神・神経疾患の克服や情報処理技術の高度化に貢献します。

Partner Projects

Latest Picks

News

全脳からシナプススケールにズームインするイメージング技術の開発に成功―組織透明化技術と電子顕微鏡技術の融合によりシームレスな観察を実現―

全脳からシナプスまで神経回路構造をズームインしながら観察する技術の開発に成功しました。神経伝達を担う神経線維は小動物でも数cmに及び、その構造解析には光学顕微鏡による観察が適しています。一方、神経結合のエッセンスであるシナプスはnmスケールの構造であり、その観察には電子顕微鏡が必要となります。本研究は、組織透明化技術と電子顕微鏡観察との融合により、全脳からシナプスまでのシームレスな観察を実現し、大規模神経回路の構造解析に貢献します。本研究成果は「iScience」オンライン版(12月27日付)に掲載されました。

2021.12.22
NEW

村山正宜チームリーダーが2021年度 島津奨励賞を受賞

革新脳プロジェクト 中核拠点(理化学研究所 脳神経科学研究センター)の村山正宜チームリーダーが2021年度 島津奨励賞を受賞しました。「覚醒マウス脳の広域神経網の活動を検出できる2光子顕微鏡FASHIO-2PMの開発」による研究成果・業績が高く評価されました。

2021.12.22
NEW

村山正宜チームリーダーがリバネス研究アワード2021を受賞

革新脳プロジェクト 中核拠点(理化学研究所 脳神経科学研究センター)の村山正宜チームリーダーがリバネス研究アワード2021 [先端研究推進部門] を受賞しました。先端技術を結集した広視野高速2光子顕微鏡FASHIO-2PMの開発による独創的な研究が評価された結果です。受賞講演レポートはこちら

2021.12.09

公開シンポジウム「脳とこころの不思議に迫る」のご案内(オンライン開催)

2022年2月6日(日)、脳とこころの研究推進プログラム公開シンポジウム「脳とこことの不思議に迫る~精神・神経疾患の解明にむけた最新研究~」をオンラインにて開催します。高校生以上を対象とした一般向けイベントです(要参加登録)。
プログラム詳細はシンポジウムのウェブサイトをご覧ください。参加ご希望の方はイベントウェブサイトの「イベント参加申込」ボタンからご登録ください。オンラインシンポジウム会場のご案内をお送りいたします。

日時:2022年2月6日(日)13時00分~16時45分(プレイベント:10時30分~11時30分)
対象:高校生以上
共催:自然科学研究機構 生理学研究所、理化学研究所 脳神経科学研究センター
協賛:日本医療研究開発機構(AMED)

小脳の大規模可視化に成功 -マウス小脳における感覚情報表現の仕組みを解明-

本研究では、蛍光カルシウムセンサーyellow cameleonと、超広域マクロ顕微鏡を組み合わせることで、小脳皮質の背側全域を計測可能な実験システムの開発に成功しました。このシステムを用いて2万個以上のプルキンエ細胞の複雑スパイクの発火を測定し、「セグメント」と呼ばれる小区域の活動パターンの組み合わせが全体として身体のさまざまな部位への感覚入力の確率をリアルタイムで表現する、分散型の集団符号化を行っていることを明らかにしました。本研究成果は「Cell Reports」に掲載されました。

アルツハイマー病の新しい治療標的を発見-悪性因子アミロイドβペプチドの分解を促進-

本研究では、アルツハイマー病(AD)の初期病因因子アミロイドβ(Aβ)の脳内分解酵素ネプリライシンの新しい活性制御メカニズムを発見しました。また、そのメカニズムに基づき、高インスリン血性低血糖症の治療薬として使用されているジアゾキシドをADモデルマウスに投与すると、Aβ病理および認知機能が改善されたことから、同薬剤がドラッグリポジショニングとして有用であることが示唆されました。本研究成果は、ネプリライシンを主軸としたADの新たな予防・治療法の開発に貢献すると期待できます。本研究は、「Molecular Psychiatry」オンライン版(11月4日付)に掲載されました。

2021.10.22

【募集終了】公開シンポジウム『脳とこころの不思議に迫る』高校生インタビュー企画

 AMEDで進められている「脳とこころの研究推進プログラム」の取組を中心に、日本の最先端脳科学研究をテーマとした公開シンポジウムを来年2月に実施いたします。

 今回のシンポジウムでは、高校生のみなさんが主体となって参加していただける企画を準備しております。研究の第一線で活躍されている登壇者にインタビューを行っていただき、その様子を動画コンテンツとして制作します。シンポジウム当日には、高校生のみなさんがインタビュー時の感想と共に動画を発表するプレイベントも開催予定です。昨年来のコロナ禍でもオンラインで完結できる体験型プログラムとして全国の高校からご応募いただけます。

 ぜひ、参加をご検討ください。

詳細のご案内は以下をご覧ください。
interview_highschoolstudents_recruit

Events

Past events

Related Projects

  • 革新脳ウイルスベクターコア
  • Marmoset Gene Atlas
  • Brain/MINDS Data Portal

Supported by

国立研究開発法人日本医療研究開発機構