革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明(革新脳)

霊長類(マーモセット)の高次脳機能を担う神経回路の全容をニューロンレベルで解明することにより、ヒトの精神・神経疾患の克服や情報処理技術の高度化に貢献します。

Partner Projects

Latest Picks

News

パーキンソン病の病態をモデルマウスでより正確に再現

本研究では、パーキンソン病で見られる、レビー小体の形成、黒質ドパミン神経の脱落など病理学的な特徴を再現したマウスの作製に成功し、パーキンソン病の病態にαシヌクレインの凝集体であるフィブリルの立体構造が大きく影響することを示しました。パーキンソン病の病態解明や新たな治療法の開発への応用が期待されます。本研究成果は、『Movement Disorders』に掲載されました。

コモン・マーモセットの大脳皮質運動野を光刺激することで腕の運動を誘発することに成功

本研究では、霊長類コモン・マーモセットの大脳皮質運動野を光刺激して、腕の運動を誘発することに成功し、異なった腕の動作が別々の領域で表現されている事がわかりました。光刺激による非侵襲的な運動野の機能マッピングが可能になったことで、運動学習や運動障 害のリハビリの過程で起こる脳の運動機能の変化を長期的に計測し、解析することができるようになります。 本研究成果は、『Proceedings of National Academy of Sciences of the United States of America』に掲載されました。

最適な感覚統合で「主体感」を定量化 -心理実験を統一的に再現する理論-

本研究では、人の「主体感」の強さや主体感に応じた時間知覚の違いを「最適な感覚情報の統合」によって説明する理論を提案しました。主体感の強弱が重要とされる法倫理の形成、主体感に影響を与える精神疾患の診断、そして人の主体感を高めることで学習の効率向上や習慣の継続を助ける次世代デバイスの設計などに貢献すると期待できます。本研究成果は、英国のオンライン科学雑誌『Nature Communications』に掲載されました。

患者脳の微細構造解析でパーキンソン病の新たな疾患概念を提唱

本研究では、マイクロビームX線回折という手法を用いて、パーキンソン病患者の脳内に実在するタンパク質異常凝集体であるレビー小体に対する直接的な微細構造解析を行いました。その結果、レビー小体がアミロイド線維を含有していることを世界で初めて証明しました。

本研究成果は、「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に掲載されました。

アルツハイマー病の悪性化に関わるタンパク質の発見

理化学研究所(理研)脳神経科学研究センター神経老化制御研究チームの橋本翔子基礎科学特別研究員、斉藤貴志副チームリーダー、西道隆臣チームリーダーらの研究チームは、「CAPON」というタンパク質がアルツハイマー病の悪性化に関わることを発見しました。
本研究は、英国のオンライン科学雑誌『Nature Communications』(6月3日付け)に掲載されました。

Events

Past events

Related Projects