FTLDモデルマーモセットを用いた新規高次脳機能評価系の確立

参画期間:2021-2023
代表者
石垣 診祐

石垣 診祐

名古屋大学 大学院医学系研究科 特任准教授

神経精神疾患の分子・回路病態を反映するヒトとのトランスレータブル指標を開発する目的で、FTLDマーモセットモデルを用いた確率逆転学習バッテリー開発を行い、その基盤となるマクロ回路変化を超高磁場MRIにより明らかにする。またマーモセットにおいて、ヒトに近い摂食行動バッテリーとして嗜好性を含む摂食行動様式を定量的に解析する方法を開発し、背景にある神経回路変化についてマウスモデルを用いて明らかにする。

分担者
  • 畑 純一

    東京慈恵会医科大学 医学部 講師
  • 中村 克樹

    京都大学 霊長類研究所 教授