革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ
  • ja
  • en

先端レーザー光技術を駆使した高速超解像in vivo3Dイメージング法の研究

参画期間:2019-2023
代表者
根本 知己

根本 知己

北海道大学 電子科学研究所 教授

本研究課題はコネクトミクス研究に資する生体超解像イメージングを実現することを目的とする。そのため、新規光レーザー技術を駆使し、多様な蛍光波長にマルチに対応しかつ高速の3次元画像取得が可能なシステムを研究開発する。また、空間分解能を規定する光の古典的回折限界を打ち破るために、誘導放出抑制を利用し、生体深部観察に優れた多光子励起顕微鏡と組み合わせることで、モデル動物の生体脳での超解像イメージングを可能とすることを最終的な目標とする。

分担者
  • 佐藤 俊一

    東北大学 多元物質科学研究所
  • 横山 弘之

    東北大学 未来科学技術共同研究センター