革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ
  • ja
  • en

精神疾患のヒトゲノム変異を基盤とする神経回路・分子病態に関する研究

参画期間:2019-2023
代表者
貝淵 弘三

貝淵 弘三

名古屋大学 大学院医学系研究科 教授

精神疾患モデルマウスの行動、神経回路形態、神経回路動態、シナプス可塑性、細胞内シグナルを統合的に解析するとともに、22q11.2欠失および結節性硬化症患者から樹立するiPS細胞由来の神経細胞とオルガノイドを解析することにより、分子・回路病態の解明を目指す。また、疾患横断的発症に関わるゲノム変異の探索を続け、新たな変異候補の発見・検証を目指し、分子・回路病態の解明に貢献する。大脳基底核をコアとする報酬・忌避関連回路に焦点を当てることにより、マーモセット脳での神経回路の同定とその機能解析に役立てる。

分担者
  • 尾崎 紀夫

    名古屋大学 医学系研究科
  • 野田 幸裕

    名城大学 薬学部