革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ
  • ja
  • en

細胞内シグナル伝達系の光操作による革新的シナプス可塑性介入技術の研究開発

参画期間:2019-2023
代表者
渡部 文子

渡部 文子

東京慈恵会医科大学 医学部 教授

脳高次機能の制御にはシナプス可塑性が重要な役割を担うと考えられ、脳領域・細胞種固有の細胞内シグナル伝達の分子メカニズムを介した可塑性制御研究が世界中で進められてきました。本研究ではこのような細胞生物学的知見に立脚し、生理的シナプス可塑性を人工的に操作・介入するために、シナプス局在制御および細胞内シグナル伝達系制御を可能とする革新的ツールを開発することで、可塑性の生理的・病的変化と脳の構造・機能との因果関係を明らかにすることを目指します。

分担者
  • 阿部 学

    新潟大学 脳研究所 モデル動物開発分野
  • 濱田 駿

    山梨大学 大学院総合研究部