革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ
  • ja
  • en

神経動態の多重スケール機能マッピング法の開発

参画期間:2019-2023
代表者
喜多村 和郎

喜多村 和郎

山梨大学 大学院総合研究部 教授

神経細胞は、ミリ秒オーダーのタイミングで受け取る入力を細胞内の化学的シグナルに変換し、秒〜分オーダーで増幅あるいは統合することで複雑な入力情報の処理を行い、その結果を時間〜長期間にわたる記憶として保持する。本研究では、これらの多階層・多重時間スケールの神経活動を同一個体でマッピングする技術を開発する。このために、高感度で細胞シグナルを検出できる多色の新規プローブを創出するとともに、多重時空間スケールの反応を同時に可視化する顕微鏡技術を開発する。

分担者
  • 石井 雄一郎

    東京大学 大学院医学系研究科
  • 奥野 浩行

    鹿児島大学 医歯学域医学系
  • 三國 貴康

    新潟大学 脳研究所