革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ
  • ja
  • en

大脳皮質・皮質下回路機構に迫る多領域間マルチリンク解析法の洗練化

参画期間:2019-2023
代表者
礒村 宜和

礒村 宜和

東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 教授

私たちは脳領域間の情報伝達を探るために、光遺伝学的に効率よく投射先を同定できるマルチニューロン記録技術「Multi-Linc法」を独自に開発している。これまでに、同法の基本コンセプトの確立と実際の大脳皮質・基底核研究における有用性を実証した。今後は、さらに技術的な改良を施して、リアルタイムコンピュータ制御による自動化・大規模化に取り組み、応用研究をさらに進めて幅広い実用化を目指す。