革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ
  • ja
  • en

マーモセット運動野広域高解像度機能マッピング法の開発

参画期間:2019-2023
代表者
蝦名 鉄平

蝦名 鉄平

東京大学 大学院医学系研究科 助教

マーモセット大脳皮質運動野の機能マッピングを目的として、運動野の神経活動を同時にかつ単一細胞レベルの空間分解能で計測可能な広域高解像度2色カルシウムイメージング法を開発する。また、2光子イメージングや光遺伝学を組み合わせ、運動企画・実行時におけるマーモセット運動野での活動ダイナミクスの詳細を明らかにすることによって、霊長類大脳皮質での運動制御に関わる神経回路機能の基盤解明に貢献する。

分担者
  • 松崎 政紀

    東京大学 大学院医学系研究科