革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ
  • ja
  • en

活動痕跡の多重化標識と全光学的検索に基づく回路機能解明技術開発

参画期間:2019-2023
代表者
尾藤 晴彦

尾藤 晴彦

東京大学 大学院医学系研究科(医学部) 教授

申請者は、神経活動の高速モニタが可能なCa2+インディケーターXCaMPや、活性化細胞集団を長期に渡って可視化可能な人工プロモータープローブE-SAREを創出してきた。本研究では、これらの成果に基づき、興奮性と抑制性の細胞活動の同時記録を実現し、覚醒下動物の行動課題にて多色高速3次元的に可視化する機能的イメージング技術を確立し、さらに、この多重化された活動痕跡を光学的検索可能な技術開発を実現していく。

分担者
  • 掛山 正心

    早稲田大学 人間科学学術院
  • 真仁田 聡

    山梨大学 大学院総合研究部 医学域生理学講座 神経生理学教室