アルツハイマー病におけるAβ誘導性タウ凝集病態伝播・神経回路変容機構の解明

参画期間:2019-2023
代表者
富田 泰輔

富田 泰輔

東京大学 大学院薬学系研究科 教授

アルツハイマー病(AD)の最初期病変であるアミロイドβ(Aβ)蓄積と、神経変性を惹起する凝集タウ病態伝播の病的連関を明らかとする。同時に、AD発症過程における最初期脳回路障害を、臨床サンプルおよびモデルを用いて解明する。これらの研究から、Aβ依存性タウ凝集病態伝播により変容を生じる鍵神経回路が明らかとなり、プレクリニカルADからADへのコンバージョン過程が解明される。

分担者
  • 池内 健

    新潟大学 脳研究所 教授
  • 橋本 唯史

    東京大学 大学院医学系研究科 特任准教授
  • 山田 薫

    東京大学 大学院医学系研究科 助教
  • 堀 由起子

    東京大学 大学院薬学系研究科 助教
  • 高鳥 翔

    東京大学 大学院薬学系研究科 助教