革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ
  • ja
  • en

パーキンソン病発症前から発症後に連続する神経回路病態の解明とトランスレータブル指標の開発

参画期間:2019-2023
代表者
高橋 良輔

高橋 良輔

京都大学 大学院医学研究科 教授

パーキンソン病(PD)発症前の潜在病態とその進行過程を解明し、発症前駆期・早期のトランスレータブル指標を開発する。前駆期PDコホートとして構築したレム睡眠行動障害(RBD)コホートの縦断的解析に、発症後PDコホート研究を接続し、多様な経過を辿るRBDから特異的にPDに至る指標を探索する。これらの病態を遺伝学的/凝集・伝播回路的に再現したマーモセット/マウスを用い、回路病態解明・治療介入法創出を目指す。

分担者
  • 高橋 祐二

    国立精神・神経医療研究センター 病院
  • 貴島 晴彦

    大阪大学 医学系研究科
  • 花川 隆

    国立精神・神経医療研究センター 脳病態統合イメージングセンター
  • 服部 信孝

    順天堂大学 大学院医学研究科
  • 望月 秀樹

    大阪大学 医学系研究科
  • 渡邉 大

    京都大学 医学研究科