革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ
  • ja
  • en

神経活動計測・操作を実現する革新的な全光型電気生理学的手法の開発

参画期間:2017-2020
代表者
坂本 雅行

坂本 雅行

東京大学 大学院医学系研究科 助教

本研究計画では、霊長類(マーモセット)の脳機能ネットワークの全容解明のための革新的新技術として、生体(in vivo)においても単一ニューロンレベルで膜電位変化測定および神経活動操作が同時に可能な技術を確立します。具体的にはまず、2光子励起顕微鏡を用いた生体イメージングに利用可能な新規膜電位センサーの開発をおこないます。さらに、開発した膜電位センサーと光遺伝学を組み合わせて、生体において電極を一切使用しない全光型電気生理学的手法(All-optical electrophysiology)を創出します。

分担者
  • 須藤 雄気

    岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科(薬学系) 教授