革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ
  • ja
  • en

マルチスケール・マルチモーダルマップ法によるマーモセット脳の構造・機能解析

参画期間:2017-2020
代表者
南部 篤

南部 篤

自然科学研究機構 生理学研究所 教授

これまでの神経生理学的、神経解剖学的技術に加え、多点同時記録、脳機能イメージングなどを含むマルチスケール・マルチモーダルマップ法という新技術をマーモセット脳に応用し、とくに前頭連合野、大脳基底核の脳機能マッピング、線維連絡解析、病態生理解析を行い、脳機能ネットワークの全容解明プロジェクトに寄与する。

分担者
  • 虫明 元

    東北大学 大学院医学系研究科 教授
  • 小山内 実

    大阪大学 大学院医学系研究科 教授