革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ
  • ja
  • en

霊長類脳における脳活動マップ(EcoG,fMRIなど)の作成と
ヒト脳との対応付け
マーモセットにおける脳分子・機能構造マッピングの
イメージング技術の確立

hayashi

林 拓也

生命機能科学研究センター
脳コネクトミクスイメージング研究チーム

脳内における分子・機能的ネットワークと社会行動や病態との関係性について明らかにするために、PETによる脳情報伝達画像とfMRIによる機能的ネットワーク画像の融合解析を行い、定量的な分子・機能構造マッピング技術を確立します。遺伝子改変や薬物投与により特定の神経回路、神経伝達機能を変化させることにより作製した様々な病態モデルマーモセットを解析し、ヒト精神・神経疾患へのトランスレータブルな「中間表現型」としてのイメージングバイオマーカーを抽出します。