世界初のアルツハイマー病モデル霊長類の作製

saido

西道 隆臣

脳神経科学研究センター
神経老化制御研究チーム

本研究計画は、岡野栄之チーム(慶応・理研)と佐々木えりかチーム(実中研・理研・慶応)と協力して実行します。現在、アルツハイマー病(AD)に対する予防薬・治療薬の前臨床研究には、おもにマウスモデルが使用されています。マウスモデルは、小型で繁殖が早いので使いやすいという長所がありますが、一方で、薬物動態や免疫系等がヒトと異なる場合があり、マウスモデルで有効であった薬剤がヒトに対しては効かない場合があります。また、認知能力もマウスとヒトでは大きく異なります。そこで、霊長類のモデルを作製すれば、発症機構の解明に役立つだけでなく、前臨床試験の効率が大きく向上することが期待されます。さらに、ヒトに近い認知テストを行うことが可能になりますから、病理と認知能力の関係をより詳細に調べることができると予想されます。