霊長類脳の多元的な手法を用いたマクロからミクロの
機能・構造マップと皮質機能構造リンキング

ichinohe

一戸 紀孝

脳神経科学研究センター
高次脳機能分子解析チーム

霊長類マーモセットの大脳皮質機能のmappingを電気生理、光学的イメージングを用いて同定し、組織学とトレーサーによる結合を用いて、ヒトを含む他の霊長類との相同領野の同定を行います。また、これらの領野を起点として、トレーサー、組織学、機能解析を通じて、さらに領野の同定を確定します。これらの手法によって、決定された領野と結合をMRIによる同定領野とDTIで示されるfiberの関係を明らかにします。大脳皮質各領野は、特異的な層的細胞構築・ミエリン構築を持っています。この層間結合および他の領野からの投射を、レーザーを用いた手法を用いて、その領野の入力と領野内結合の特性を明らかにします。これらのベースをもとにして、霊長類大脳皮質の2 photon-microscopyによる1細胞レベルの機能的発現・mapの特性とともにメカニズムを明らかにします。