革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ

霊長類脳の高速・高精細全脳
イメージング技術の開発

代表機関業務主任 橋本 均

国立大学法人 大阪大学
大学院薬学研究科
教授

本研究は、霊長類の脳構造/機能マップの作成を支援する革新的なイメージング技術として、高速性と分解能を両立し、従来装置よりもスループットが高い全脳イメージングシステムを開発することを目的とする。
我々はこれまでに、Nipkowディスク型レーザー共焦点顕微鏡を用いた連続切断法による独自の全脳イメージング装置を開発した(FAST, block-face serial microscopy tomographyと命名)。本研究は、現行のシステムをさらに高速化して、マーモセットの全脳イメージングでの汎用性を高めることを目指す。また、標準脳や関心領域法を用いた病態脳の解析や、トレーシング解析等に向けて、巨大な画像情報の中間処理および分析法を開発する。