革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ

神経回路自動再構築のための
超多色標識法の開発

代表機関業務主任 今井 猛

国立大学法人 九州大学
大学院医学研究院
教授

近年、コネクトーム解析のための画像取得技術は大きく進歩しましたが、画像解析には多くの課題が残されています。本研究プロジェクトでは、光学顕微鏡を用いて高密度コネクトーム解析を行うための基盤技術を開発します。具体的には、個々の神経細胞をユニークな色で標識する超多色標識法を開発します。これを、当グループがこれまでに開発した組織透明化技術SeeDB2等と組み合わせ、神経回路の高解像度3次元画像を取得した後、新たに開発するプログラムによって自動解析することを目指します。