革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ

マーモセット脳の3次元観察・解析に
資する基盤技術開発

代表機関業務主任 上田 泰己

国立大学法人 東京大学
大学院医学系研究科
教授

本研究計画では、当研究室が開発したCUBICを応用し「霊長類脳構造・機能マップ作成効率化」を目指す技術開発項目を実施する。
1) 「マーモセット脳の3次元観察技術開発」として、マーモセット脳の透明化・ラベリングプロトコルを完成させるとともに3次元イメージングの応用例を蓄積し実証を進める。
2) 「マーモセット脳の3次元解析技術開発」として、マウス脳をモデルとした3次元データ解析のパイプライン及びリソースの整備、さらにマーモセット脳の1細胞解像度デジタルアトラスの作成を目指す。