革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ

精神疾患の神経回路異常の解明にむけた
革新的な機能的コネクトミクス法の開発

代表機関業務主任 
林(高木)朗子

国立大学法人 群馬大学
生体調節研究所
教授

3D電顕による「形態的」コネクトミクスにより回路地図が構築されていますが、如何に詳細な地図を作ろうと、どの神経回路が実際に使用され、強化もしくは減弱されたかを示すことは出来ません。そこでシナプスの可塑性の情報を含めた「機能的」コネクトミクスを描出する技術が必要です。私たちは、増強した興奮性シナプス後部を特異的に標識するASプローブを作成し、シナプス可塑性を大規模に標識する技術開発に従事してきました。このASプローブ(赤色)と共に、そのシナプス前部(青色)とシナプス後部神経細胞(緑色)を神経活動依存性に3色に標識し、高次機能を担う神経回路の全容を「機能的」コネクトミクスより解明することを目指します。