革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ

マーモセットコネクトーム解析のための
神経回路トレーシングシステムの開発

代表機関業務主任 小坂田 文隆

国立大学法人 名古屋大学
大学院創薬科学研究科
准教授

脳機能を理解するには、神経回路がどのように情報を処理し、知覚・認知・行動を起こすのかを理解することが重要である。神経回路の機能、さらにはその異常を理解するために、神経細胞が構成する神経回路の構造を明らかにする必要がある。そこで、本研究課題では神経細胞の接続を全脳レベルで解析する目的で、神経回路のマッピングが可能なウイルストレーシング法と細胞種特異的なターゲティング法を組み合せた神経回路トレーシングシステムを開発する。