革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ

アデノ随伴ウイルスベクターを用いた
生体マーモセット中枢神経系の
細胞種特異的遺伝子ノックダウン/ノックアウト法の開発

代表機関業務主任 平井 宏和

国立大学法人 群馬大学
大学院医学系研究科
教授

細胞種特異的プロモーターを組み込んだウイルスベクターは、時期、細胞腫特異的に外来遺伝子を効率的に発現できるツールとしてげっ歯類を用いた研究で急速に広まっています。これまでにマーモセットで使用できるアストロサイト、ニューロン、小脳プルキンエ細胞などの細胞群特異的に働くプロモーターを開発して来ました。本研究では、開発したプロモーターを搭載したAAVベクターとmiRNA、CRSPR/Cas9法と組み合わせることで、マーモセットの中枢神経系において細胞種特異的に遺伝子ノックダウン/ノックアウトができることを検証し、さらにこの技術を用いて精神・神経疾患マーモセットモデルを作成することを目的とします。