革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ

新規半導体レーザー光源を用いた
超解像多光子励起顕微鏡法の開発

代表機関業務主任 根本 知己

国立大学法人 北海道大学
電子科学研究所
教授

分担機関業務主任 横山 弘之

国立大学法人 東北大学
未来科学技術共同研究センター
教授

脳神経科学研究者との密な連携による、新規レーザー技術、非線形光学を駆使した新規イメージング手法の開発が焦眉の急であります。本課題では、新規半導体レーザー光源を開発し、新しい光「ベクトルビーム」を導入することで、代表研究者や分担研究者等がこれまで培ってきた、日本独自の超解像顕顕微鏡法や、世界で最も深い断層蛍光可視化を可能とする生体脳深部のin vivo (生きたまま)イメ-ジング法をさらに発展させ、光の回折限界以下の形態学的空間分解能を実現する「超解像多光子励起顕微鏡法」を確立することを技術開発のターゲットとします。