革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ

革新的プロービングによる
神経活動の高速3D測定と活動痕跡の長期可視化

代表機関業務主任 尾藤 晴彦

国立大学法人 東京大学
大学院医学系研究科
教授

分担機関業務主任 喜多村 和郎

国立大学法人 山梨大学
大学院総合研究部
教授

脳の情報処理は、電気的活動(興奮性/抑制性ポストシナプス電位発生や活動電位発火など)ならびに化学的シグナル伝達(例えば酵素カスケード、転写、遺伝子発現の活性化など)からなります。機能的脳活動マッピングを飛躍的に効率化するために、本計画では新規カルシウムセンサー遺伝子を創出・改良し、これの高速3D測定を実現するイメージング技術を開発します。さらに、活性化細胞集団における長期活動痕跡を検出可能な革新的プローブを作出します。これによって、脳における情報表現を理解する技術的基盤を産み出し、種々の情報表現に係わる活性化細胞集団のダイナミクスと安定性を生きた脳にて実測可能な手法を開発します。