革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ

光遺伝学的に投射先を同定する
マルチニューロン記録技術の開発

代表機関業務主任 礒村 宜和

学校法人 玉川学園 玉川大学
脳科学研究所
教授

本研究では、行動中のマーモセットにおける脳領域間の情報伝達を細胞単位かつミリ秒単位で追跡するために、光遺伝学的に効率よく投射先を同定できるマルチニューロン記録技術「Multi-Linc法」を新規に開発することを目指します。礒村研究室はチャネルロドプシン発現トランスジェニック・ラットの大脳皮質を対象としてMulti-Linc法の基本技術の開発と改良を進め、木村研究室はウイルスベクターをもちいて大脳基底核の直接路・間接路にMulti-Linc法を適用し、その有用性と汎用性を実証します。酒井研究室はMulti-Linc法の光照射刺激をコンピュータ制御することにより自動化・最適化することを試みます。