革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ

体内埋込型集積回路内蔵
フレキシブル超薄膜センサシートを用いた
マーモセットの脳信号計測システムの開発

代表機関業務主任 関谷 毅

国立大学法人 大阪大学
産業科学研究所
教授

本研究では、「世界最薄膜、最軽量、最柔軟のTFT集積回路およびセンサ」、および「ゴムのように伸縮自在な柔軟高導電性材料とそれを用いた集積回路技術」を用いて、柔らかくて薄い完全埋込多チャンネル脳活動計測システムを開発します。さらに、世界最薄膜の発光素子(LED)技術、光センサ技術を搭載することで、極低侵襲のoptogenetics対応型脳機能計測システムの開発をします。この研究開発を通して、小型霊長類であるマーモセットの広範な脳活動計測を行い、脳機能ネットワークの解明に貢献することを本研究の目的とします。