革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ

マーモセット脳機能研究に最適化した
経路選択的操作とその基盤となる回路構造解析技術の開発

代表機関業務主任 小林 和人

公立大学法人 福島県立医科大学
医学部
教授

分担機関業務主任 山崎 美和子

国立大学法人 北海道大学
大学院医学研究科
准教授

本研究課題では、マーモセット脳構造・機能マップの作製を目指し、経路選択的な神経細胞機能の操作技術とその基盤となる回路構造の解析技術の開発に取り組みます。高頻度な逆行性遺伝子導入あるいは神経細胞特異的な逆行性遺伝子導入を示すベクターを利用して、マーモセット脳内の特定神経路の機能を操作することにより、神経回路の行動生理学的な役割を解明するとともに、回路機能の障害による病態モデルの確立に繋げます。また、神経回路の光学・電子顕微鏡レベルの構造解析技術を応用して、経路のトレーシングおよび神経細胞タイプの同定や微細なシナプス構造など、行動生理機能の基盤となる神経回路構造を解明します。