革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ

脳構造・機能の統合的理解に資する
革新的光機能性小分子群の創製

代表機関業務主任 浦野 泰照

国立大学法人 東京大学
大学院薬学系研究科
教授

本プロジェクトでは、脳の複雑な神経回路網や微細シナプス構造などの詳細解析を可能とする、蛍光プローブと呼ばれる有機光機能性分子を開発します。具体的には、業務主任者らがこれまでに確立してきた蛍光プローブの論理的設計法を駆使して、動物個体や固定前の脳スライス試料に投与するだけで、特定の神経細胞のみを精密かつ高感度に可視化するプローブや、ライブイメージングによって微細シナプスを高精細に可視化する超解像イメージング蛍光プローブなどを開発し、高次脳構造・機能の可視化・操作を実現するコア技術の確立を目指します。