革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ

革新的な
投射経路特異的遺伝子発現制御法の開発と
回路機能操作による機能マップ作成

代表機関業務主任 山中 章弘

国立大学法人 名古屋大学
環境医学研究所
教授

近年の光遺伝学や薬理遺伝学など、特定神経の活動操作法の開発によって、神経回路の動作原理解明が大きく進展しています。しかし、これらの手法の適用には標的神経特異的にプローブ遺伝子を発現させる必要がありました。本研究では、マーモセットの機能マップ作成に寄与する新技術として、P1Aにて使用可能なアデノ随伴ウイルスベクターを使用し、独自に開発した高効率・順行性もしくは逆行性に移行する経シナプスCreリコンビネースもしくは、フリッペースを特定神経に発現させることで、多重選択による神経投射経路特異的な遺伝子発現制御法を確立することを目的としています。また、新たにマーモセット用無線小型光照射装置を開発し、特定神経回路の操作により回路機能の解明を目指します。