革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ

霊長類脳の単一ニューロンレベルの
機能マップを可能にする
革新的イメージング技術の開発

代表機関業務主任 中井 淳一

国立大学法人 埼玉大学
大学院理工学研究科
教授

本プロジェクトでは脳に3次元的に分布している神経細胞の活動を光学的に可視化して、神経回路の機能的マッピングを可能にすることを目的としています。そのために、まず新規蛍光カルシウムプローブの開発を行います。
蛍光分子カルシウムプローブ技術に電気光学素子等の新規デバイスを用いた3次元可視化技術を組み合わせて、神経細胞1つ1つのレベルでの活動を解析する技術開発を進めていきます。