革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ

霊長類モデルを用いた脳血管障害後の運動麻痺・高次脳機能障害の発生機序と機能代償回路の同定、機能回復のトランスレータブル指標の確立

team_isa

伊佐 正

国立大学法人 京都大学
大学院医学研究科 高次脳科学講座
神経生物学分野
教授

脳血管障害のラットとマカクザルモデルにおいて運動麻痩の原因回路と機能回復回路を同定する。また、マカクザルの白質物理損傷、さらにマーモセットにおいてはウィルスベクターによる経路選択的遮断法によって半側空間無視モデルを確立する。そしてこれらの動物モデルを用いて脳血管障害によって起きる運動麻痺と半側空間無視の機能障害及び機能回復を反映するトランスレータブル脳指標を確立する。