革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ

脳血管障害とパーキンソン病における脳神経回路障害とその機能回復に関わるトランスレータブル脳・行動指標の開発

team_takahashi_ryosuke

高橋 良輔

国立大学法人 京都大学
大学院医学研究科
教授

私たちは、パーキンソン病における発症前後・症状進行・機能回復の各段階に付随する、脳神経回路の再編機構の解明を目的とし、ヒトへと還元可能な脳・行動指標の開発に取り組んでいます。パーキンソン病関連タンパク質α-synucleinの時空間発現パターンを忠実に反映したBACトランスジェニックマウスを中心に、α-synuclein伝播モデル・薬物誘導モデルなどを用いて、神経回路病態を解析しています。病理学的・生化学的・行動学的解析に加え、生体内蛍光イメージングにより、同一個体内でドパミン欠乏に付随する脳神経回路の再編過程を追跡し、病態の諸過程におけるトランスレータブルなバイオマーカーを探索しています。