革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ

精神・神経疾患患者および健常者の脳画像等データリソース統合にもとづく中核拠点霊長類回路マップと疾患研究チーム患者回路情報の連結

笠井清登

国立大学法人 東京大学
医学部附属病院
教授

臨床研究総括チームでは、革新脳が全体として精神・神経疾患の病態解明を効率的に目指せる体制を構築するため、(1)精神疾患、神経変性疾患、脳血管障害・脳回路回復の三領域で行われる患者脳画像・生理・認知行動計測のプロトコルを共通化し、データベース化することを通じて、疾患横断的な病態神経回路の抽出を効率化し、中核拠点がマップ作成を優先すべき神経回路の情報を与えること、(2)中核拠点で開発された計測技術を用いて健常者の詳細な脳画像・生理指標を取得し、疾患患者データとマーモセット脳回路マップの対応づけを行うことを目的とします。