革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ

パーキンソン病およびその関連疾患の初期病変の
超微形態観察およびトランスレータブルな指標の検証

team_koike

小池 正人

学校法人 順天堂 順天堂大学
大学院医学研究科
教授

私たちは、げっ歯類のパーキンソン病モデル(MPTP投与モデル、遺伝性パーキンソン病モデル)およびパーキンソン病類縁疾患モデルにおけるオルガネラ、軸索・シナプス終末などの超微形態観察を通して、パーキンソン病およびその関連疾患の初期病変のトランスレータブルな指標の検証を行っております。これらげっ歯類のモデルの解析結果に基づき、マーモセットのパーキンソン病モデルの解析・トランスレータブルな指標の検証を可能とする形態学的技術を開発することを目指します。。