革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ

精神疾患の神経回路一分子病態解明とモデル化

team_suhara

須原 哲也

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
放射線医学総合研究所
脳機能イメージング研究部
部長

精神症状の背景にある回路・分子病態の抽出 / 検証を通じて、トランスレータブルなイメージングバイオマーカーの確立を目指し、げっ歯類・霊長類疾患モデルの行動解析、MRI及びPET計測手法を確立するとともに、げっ歯類モデルにおけるトランスレータブルな指標の候補を選択する。さらに霊長類モデル動物においてトランスレータブル指標候補を選択し、臨床データと比較検討を行う。具体的には社会性機能に障害を生じるモデルマーモセットを作出し、音声コミュニケーションを中心とした脳機能やドーパミン伝達機能の異常をターゲットとして脳解析を実施する。得られたトランスレータブル指標候補を臨床データと比較を行うことで、ヒトからマーモセットに至るまでの精神疾患のトラスレータブル脳指標の開発を行う。