革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ

モデル動物の分子モーター解析

team_takei

武井 陽介

国立大学法人 筑波大学
医学医療系
教授

ASD、統合失調症など様々な精神疾患において特定神経回路のシナプス可塑性に異常があることが指摘されている。このような異常の分子基盤について、アクチンや微小管などを基盤に神経細胞内で物質輸送を行う分子モーターや細胞骨格蛋白に焦点をあて、げっ歯類をエントリーとして霊長類(マーモセット)に至る遺伝子改変モデルならびにPolyI:C統合失調症動物 モデルの解析を作成し解析を行っている。