革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト

ログイン お問い合わせ

参画機関(慶應義塾・京都大学)

芝田 晋介

参画機関業務主任
芝田 晋介

学校法人慶應義塾 慶應義塾大学
医学部 電子顕微鏡研究室 専任講師

霊長類ミクロ・マクロコネクトーム解析及びマーモセット脳科学研究支援

慶應義塾大学チームは参画機関として、革新的な技術によって霊長類の脳構造・機能回路の全容解明を目指します。
そのために「1.疾患モデルマーモセットの作製や研究環境の提供」および「2.MRI・電子顕微鏡を用いたマーモセットの脳構造・機能解析」の大きな二本の柱で研究を進めて行きます。このプロジェクトでは、自閉症やアルツハイマー病などの病態モデルマーモセットを作製し、MRIを用いた新規アプローチによる解析、電子顕微鏡を用いた神経回路ネットワークの三次元的解析手法などにより精神・神経疾患の病態解明を目指します。


参画機関業務主任 中村 克樹

参画機関業務主任
中村 克樹

国立大学法人 京都大学
霊長類研究所 教授

マーモセットの高次脳機能マップの作成とその基盤となる神経回路の解明
及び参画研究者に対する支援

霊長類研究所は、コモンマーモセットの認知機能や種特異的社会行動等の基礎となる神経回路を解明します。狂犬病ウイルスベクター等を用いたマーモセットの神経ネットワークの網羅的解析および各種ウイルスベクターを用いた脳内遺伝子導入技術による疾患/病態モデルの作出を担当します。情報学研究科は、霊長類のミクロ・メゾ・マクロの各スケールにおける構造マップ構築のためのデータ解析技術の開発を行います。